読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thai変なブログ

魅惑の国タイ。まだまだそこには知られざる魅力が…

タイフェスで生モーラム

日本で生バンド付きモーラムを堪能

今年のタイフェスはモーラム人間国宝チャウィーワン・ダムヌーン、ポー・チャラードノーイ 奇跡の来日でした。

タイフェス公式サイトには「文化庁舞踊団によるタイ舞踊」としか記載されていませんが、

f:id:n-thai:20170514185048p:plain

あっさりしすぎなタイフェス公式サイト

SNS経由で出演者の方から?情報がリークされていましたね笑。

この情報を元に結構の数の方がタイフェスに集まったともいます。

f:id:n-thai:20170514185811p:plainいい笑顔です。

バックバンドもピンにケーンにポンランとイサーン楽器勢ぞろいでした。

f:id:n-thai:20170514190605p:plain

大盛況で全然うまく写真撮れませんでした。。

バックバンドのには去年も来日されていたケーン奏者ポーンサポン・ウパニさんがいましたね。ライブはさすがレジェンド!!日本でも最高の演奏をモーラムを聞かせてくれました!!

f:id:n-thai:20170514190530p:plain

惜しいのが演奏時間がむちゃくちゃ短くバックバンドの演奏4分、モーラム5分ぐらいだけでした。もっと聞きたかった。チャウィーワン・ダムヌーンさん、ポー・チャラードノーイ さんの2人の掛け合いは2分くらいしかなくつづきをもっと1時間単位で聞きたかったです。。

 

タイ文化庁からのメッセージは「続きはイサーンで聞け!」ということですかね!

 

今週のLampernの小曲(イントロ)

f:id:n-thai:20170514191814j:plain

 

www.youtube.com

00:15〜

今回はイントロフレーズです

最後に

最近は日本で知名度無に等しかった「ピン」というタイの楽器の露出が急に増えてきましたね。

今年のタイフェスでもピンの演奏が披露されましたし、

BSNHKでも「クン・ナリン・エレクトリック・ピン・バンド」の特集があったりしました。

www6.nhk.or.jp

日本でタイ並みのサウンドシステムでピンの演奏ができたらなあと、特集をみて熟思いました。

タイ行きたい。。