読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thai変なブログ

魅惑の国タイ。まだまだそこには知られざる魅力が…

ピン (พิณ)のピック

以外と重要なピック選び

ピンに弦を張るとよく切れます。

本当によく切れます。タイに行く前はこれがピンを演奏している時の悩みでした。

長時間連続演奏することが当たり前な音楽なのでイサーンの10時間連続ラムシンライブとか、休み休みの演奏だとしてもどうやって弦と、腕の筋肉をキープしているのか不思議でした。

今回は簡単なことですが弦切れ、腕の疲れ防止のピン向けピックを紹介します。

f:id:n-thai:20161111073410j:plain

大切なのは厚さと素材

エレキギターの早弾きの場合厚めのピックを使うことが多いと思います。

例えばJAZZ Ⅲとか

f:id:n-thai:20161111075830j:plain

イングウェイモデルピックは2mmもあります。

f:id:n-thai:20161111080150j:plain

自分も初めはギターと同じ要領でギブソンのピック一番分厚いやつでゴリゴリ弾いていました。

ピンはギターよりもショートスケールかつ、解放をエレキギターの1st弦でGを鳴らすのでテンションはカチカチ。

そこにカチカチの厚いピックで弾くので腕は疲れるし、弦はすぐに切れました。

しかし、ハリのある音を目指しての太い弦を厚めのピックで弾くことをしていました。

それはタイに行って知ったのですが間違いでした。

逆の発想で、ピンではペラペラピックで弾きます。厚さはギブソンのTぐらい薄い方がいいです。もっと薄くても大丈夫です。

f:id:n-thai:20161111082308j:plain

ペラペラピックは弾いてみて気づいたのですがメリットだらけです。

ペラペラのメリット
  • 弦が切れにくい
  • 長時間(1〜2時間)演奏しても腕が疲れにくい
  • 弦を弾く音がはっきりする。

特に音が今まで厚めのピックで弾いていた時よりもよくなった点に驚かされました。ピックを変えるだけで一気にイサーンサウンドに!!弦を弾く瞬間のパチーンとした音が強調されイサーン感が増強されます。

เดี่ยวพิณ อ.บุญมา เขาวง

憧れのパチパチサウンド

エフェクターよりも、楽器よりも何より効果があります。エレキギターでペラペラを使ってピンのフレーズを弾くだけでほとんどイサーンサウンドです。

長時間演奏するには素材も重要です

ロックスターみたいにピックをポイポイ捨てて弾くなら何でもいいかもしれませんが経済的に長く使える方がいいですよね。

ペラペラピックのデメリットは

  • ピックの消耗が激しい。
  • ピックが割れる。
  • 弾き心地が厚いピックと大きく違う。

他にもあると思いますが、デメリットのピックの消耗と、割れは素材でかなり解消されます。

f:id:n-thai:20161111091510j:plain

タイで初めてピンを買った時につてきたアニー◯ールー激似ピックが薄く弾きやすかったのですがバキバキと割れてしまいました。

そこでペラペラピックの問題を解決してくれる最適な素材はナイロンです。

ナイロンはあまりエレキギターでは使いませんね。楽器屋でも置いている数が少ないちょいマイナーなやつですがピンには最適です。

ナイロンピック特有のダイナミックなしなり。これが高いテンションで貼られた弦をうまく受けて割れを防いでくれます。

ピン専用ピックJim Dunlop 0.53mm

f:id:n-thai:20161111090338j:plain

赤色のナイロンピック楽器屋でこれを見つけたら買い占めちゃってください。

厚さ素材とピンに最適。最高のピックです。Jim Dunlop製なのでおそらく世界中で取り扱われてるのでどこでも買えてしかも安い。

タイに行った時これを使っている人はかなり多かったです。現場での実績豊富なピン専用ピックです。

最後に

ピックの種類はほとんど個人の好みだと思いますが、Jim Dunlop 0.53mm ぜひ試してみてください。結構変わると思います。

トンサイ氏などベテラン勢はピックも変なものを使っていそうなのでまだまだ不明な部分が多いです。気になりますね。

今回は何でも良さそうだけど重要なピックの記事でした。