読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thai変なブログ

魅惑の国タイ。まだまだそこには知られざる魅力が…

タイ民族楽器ピン定番フレーズ(その4)

最強モーラムライブ!

モーラムユニットライブ行ってきました!

9月27日(火) モーラムユニット・ライヴ (会場:WWW)
18:30 OPEN/19:00 START
出演者:ポー・サラートノーイ、アンカナーン&プロイ・クンチャイ、ポンサポーン・ウパニ、井手健介、attc vs Koharu/DJ:Soi48

お客さんも大勢集まっていて、平日開催でしたが大盛況でした。

soi48の厳つい低音モーラムDjに始まり、井出健介と母船、attc vs Koharu、と徐々に会場は盛り上がってついに、モーラムユニットの登場で会場の盛り上がりは爆発

f:id:n-thai:20160930145857p:plain

ポーさん、アンカナーンさん人間国宝ユニットのモーラムを日本で聴けるとは、まさに夢のようでした。というより、日本で生モーラムが聴けただけで夢のようでした。

やたらと低音の効いたカラオケがイサーンでした笑。入念なサウンドチェックがされている気がします。

ウパニくんはケーンだけでなくピンも演奏してくれたのが個人的に良かったですね。

ウパニくんのピン演奏は古典的なフレーズを丁寧に弾いている印象でした。(ケーン奏者なのでピンでは変わったことはあまりしないのかもしれません。)ライブの後楽屋にお邪魔させていただいて、ウパニくんのピンを見せてもらいました。

f:id:n-thai:20160930150451p:plain

ピンの定番のヘッドの龍がはじめから付いていないデザインでした。

ボディとネックもセパレートでエレキギターのようにボルトオンネックで、

かなり現代的なピンと言えるでしょう。

f:id:n-thai:20160930150516p:plain

綺麗な抜けのいい音だなと思っていたら、ピックアップはセイモアダンカンでした。

タイに行きたくなる最高のイベント!痺れました。

今回はウパニくんも演奏していた古典的なフレーズからです。

タイ民族楽器ピン定番フレーズ(ハイフレット編)

今回はピンの高音域(ハイフレット)を使ったものを紹介します。

f:id:n-thai:20160930162607j:plain

 たった10秒ですがこの部分を分解、再構成することで終わることなく、連続で演奏を続けることができます。分解する切れ目はこの場合、譜面上に記されているA,B,C,D の4つの部分に分かれます。

ポイントとは2弦開放のA音を挟むところです。ピンは高音域になると開放2弦がよく使われ、リズムに特徴を出します。

演奏例


บ้านเสียงพิณ มือใหม่หัดเล่น

2:02〜

最後に

モーラムの音源を流しながら

今回のフレーズを繰り返し演奏してみてください。

いかにもなイサーン音楽が弾けます。笑

それではモーラムライブの思い出に浸りましょう。