読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thai変なブログ

魅惑の国タイ。まだまだそこには知られざる魅力が…

Lampernで演奏される小曲紹介#2

Lampernで演奏される小曲

f:id:n-thai:20170422230116j:plain


วงแห่คนภูธร ลำเพลิน ลำซิ่ง วัดหนามแดง

2:10〜

短いですが多様されるもののひとつです。

こういう細かい曲が無数に合わさって何十分、何時間の演奏になるんですねえ。

 

『バンコクナイツ』ミニライブ出演決定!

タイカルチャーマシマシ!『バンコクナイツ』

タイ好き、タイ音楽好きならマストウォッチの映画『バンコクナイツ』が現在テアトル新宿他で絶賛公開されています。

 

f:id:n-thai:20170323090100p:plain

www.bangkok-nites.asia

そのテアトル新宿公開最終日の4月8日の最終公演で私がピンを弾いているバンドMonaural mini-Plugがミニライブをすることになりました!

私も去年の渋谷WWWXでの爆音先行上映 見たのですが、タイの文化、風俗、特盛の映画で最高に楽しめました!

私はそんなに映画に詳しくはない方なをので、、映画のレビュー的なことは他のレビューを専門にされている方々に任せて、

このタイ音楽の面を今回の記事で紹介させていただこうと思います。

やっぱり音楽がヤバイ!

映画の音楽は大切ですよね 。その大切な音楽が『バンコクナイツ』はヤバイ映画なんです。

f:id:n-thai:20170323090053p:plain

タイ音楽を嗜まれている方にはおなじみのsoi48の選曲の最強ナンバー、

元ゲリラタイミュージシャン、スリラチャイさんが不思議な演出で登場して、

タイの人間国宝アンカナーン・クンチャイさんのモーランが披露されて、

アジア音楽を現代的に解釈したstillichimiya、Tondo Tribeの楽曲

他にも空族作品ではおなじみのバビロンバンドなど紹介しきれないほどの音楽だけでも情報量です。

詳しくはこちら公式ホームページにもあります。

サントラも発売されているようです。

emrecords.shop-pro.jp

しかし、公式サイトには紹介されていませんが、サントラにも収録されている個人的にプッシュしたいバンドがあります。

予告編1:30に登場するKhun Narin's Electric Phin Bandです。

www.youtube.com

 

Khun Narin's Electric Phin Bandシーンの価値

Khun Narin's Electric Phin Bandはこのブログでも何回か書いているかと思います。おそらく初めて本格的なピンバンドとして世界デビューを果たしたバンドです。

劇中、彼らがピンバンドで最も主な活動の得度式(出家の儀式)のBGMを演奏しているシーンがあります。

このシーンもおそらく世界に公開される映画で初めて実際のピンバンドの活動が収められたシーンではないでしょうか。

f:id:n-thai:20170323090045p:plain

この得度式のピンバンドのスタイルは以外と新しく何年前からかははっきりとはわかりませんが、バンコクに働きに出ているイサーン人の間で得度式などの冠婚葬祭にピンバンドの爆音BGMをつけるようになったとされています。

この現在進行形のタイ、イサーンの本物のカルチャーがフィルムに収められているという映像的価値は非常に高いのではないでしょうか。

最後に

私もひっそりと日本でピンバンドで演奏していたのですが、ひょんなことからお声がかかりこの度『バンコクナイツ』の上映後ミニライブをすることとなりました。本場の200vの音圧には負けてしまいますが、タイの今日の定番ナンバーを中心に演奏しますので、是非ともご来場お願いいたします。

 

 

爆音ライブだ!4/9(SUN) TRIP TO ISAN RELEASE PARTY @新宿 BE-WAVE

TRIP TO ISAN RELEASE PARTY @新宿 BE-WAVE

f:id:n-thai:20170331161312p:plain

本当に久しぶり2017年初のライブです。

我々「Monaural mini-plug」が少し関わった書籍『旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド TRIP TO ISAN』のリリースパーティーです。

soi48.blogspot.jp

書籍持参か、会場で購入すれば入場無料とのことですので是非!

soi48のヘヴィーなイサーンナンバーも聞けて最高のイベントですね。

 一気にタイ音楽について詳しくなれそうですね。

本の内容は以下のようです。

soi48.blogspot.jp


<主な内容>
初心者でもわかる詳細な歴史&用語解説
7インチシングル500枚、12インチ100枚、タイ現地盤100枚をオールカラーで紹介
レコード発掘コラム
観光ガイドには載らない旅コラム(食べ物、カルチャー)
空族、江村幸紀(エムレコード)、マーク・ジャーギス&アラン・ビショップ(SUBLIME FREQUENCIES)によるコラムも収録

目次
まえがき 旅の初めに
■イサーンについて
・なぜイサーン?/・イサーンの風土と文化/・イサーンの歴史と成り立ち/・アヌウォン王の悲劇と分断されたラオス人/・古のラーオ文化を残す都市 ウボンラーチャターニー
■タイ・イサーンの音楽
■タイ・イサーン音楽のジャンル
ラムウォン
・レー
ルークトゥン成立の流れと概要 文・江村幸紀
・モーラム
 
◎チャウィーワン・ダムヌーン
チャウィーワン・ダムヌーン・インタビュー
 
トーンカム・ペンディー
コラム「史上最高の男性モーラム トーンカム・ペンディー」
 
◎テープパブット・サティロードチョンプー
テープパブット・サティロードチョンプー・インタビュー 
◎バーンイエン・ラーケン
◎サックサヤーム・ペットチョムプー
 
◎ダオ・バンドン
ダオ・バンドン・インタビュー
 
◎テープポーン・ペットウボン
コラム「タイで最初に作られたモーラムのレコード」
 
◎アンカナーン・クンチャイ
アンカナーン・クンチャイ・インタビュー
アンカナーン・クンチャイ・ライヴ同行記
 
◎ポー・チャラードノーイ・ソンスーム
トーンミー・マーライ
◎クワンチャイ・カーラシン・ユックパッタナー楽団
 
◎モンルディー・プロムチャック
モンルディー・プロムチャック・インタビュー
 
ケーン・ダーラオ
コラム「ラム・クローンの達人 ケーン・ダーラオ」
 
コラム「Soi48のレコ掘り日記~バンコク編」
 
◎ペット・ピン・トーン楽団
 
ノッパドン・ドゥアンポーン&ナコーン・ポンパープ・インタビュー
 
コラム「イサーン音楽にまとわりつかれて」「お前スラポン聞いたのか?」文・江村幸紀
 
コラム「伝説の楽団 チュラーラット」
 
◎ポーン・ピロム/パノム・ノッポーン 他
◎チャーイ・ムアンシン
◎スアン・サンティ
◎ブッパー・サーイチョン
 
コラム「歌舞伎町で夢見るイサーン」文・俚謡山脈
 
◎ワイポット・ペットスパン
◎クワンチット・シープラチャン
◎プルーン・プロムデーン
◎サマイ・オーンウォン
 
コラム「Soi48のレコ掘り日記~イサーン編」
 
◎スリン・パークシリ
スリン・パークシリ・インタビュー
 
◎パイリン・ポーンピブーン
 
◎ソンタヤー・カーラシン
ソンタヤー・カーラシン・インタビュー
 
スペシャル・インタビュー「モーラムに魅せられたアメリカ人」
マーク・ジャーギス&アラン・ビショップ(サブライム・フリークェンシーズ)
 
◎ドイ・インタノン
ドイ・インタノン・インタビュー
 
◎ホントーン・ダーオウドン
ホントーン・ダーオウドン・インタビュー
 
◎スパープ・ダーオドゥアンデン
スパープ・ダーオドゥアンデン・インタビュー
 
◎バーンイェン・シーウォンサー
バーンイエン・シーウォンサー・インタビュー
 
◎ソーンペット・ピンヨー
 
◎スントーン・チャイルンルアン
ラートリー・シーウィーライ・インタビュー
 
コラム「踊るアジア『バンコクナイツ』」文・空族
 
コラム「電気ピンの発明とピン・プラユック」
 
■その他の重要アーティスト達
◎ソーンキーリー・シープラチュアッブ
◎シープライ・チャイプラ
◎クワンチャイ・ペットローイエッド
◎カーワオ・シアントー
◎オーンウマ―・シンシリ
◎ピムチャイ・ペットパラーンチャイ
◎ソッシー・プロムセークサン
サーヤン・サンヤー
ローム・シータムマラート   他
 
■レーベル図解
コラム「Soi48のレコ掘り日記~アジアのレコード屋のこれから」
 
コラム「タイ音楽がタイ以外の国でどう紹介されてきたか?」
 
タイ語逆引き索引
あとがき
メガトンボリュームですね。これを買えばあなたもイサーンマスターかもしれませんね。我々が関わったところはおそらく 
コラム「電気ピンの発明とピン・プラユック」

このコラムと幾つかのディスクレビューですね。どの程度使われているかわかりませんが笑。まだ完成したものを読んでいないのでたのしみです。

ライブ当日はタイ本場仕様のロングセットを準備しています!

べたべたなルークトゥンナンバーから古典まで出来る限り放出演奏しますので宜しくお願いします。


Monaural mini-Plug - Official Video #1


Monaural mini-Plug - Official Video #2

Lampernで演奏される小曲紹介#1

Lampernで演奏される小曲

f:id:n-thai:20170331153616j:plain

 

www.youtube.com

17:30〜

今回は久々に古典的なスタイルLampernで演奏される小曲になります。

難しいものではないので、ささっと弾いてしまいたいものですね。

インドからの影響を受けたとされるピンの曲 その3

インドな曲(完)

f:id:n-thai:20170316161602j:plain

長かったインド由来の曲もこれでおしまい。

今回の紹介部分は大まかにA,B,Cの3部分に分かれます。

演奏の終わりにはブレイクを入れて長時間の演奏に緩急をつけます。

www.youtube.com

今回のフレーズは19:30〜

 

 

インドからの影響を受けたとされるピンの曲 その2

続 ピンの歴史

f:id:n-thai:20170301175234j:plain

今回のピンの写真タイの女子中学生が使っていたピン。ピックアップ ( ディマジオ )から意識の高さが伝わる。

今回も短くピンの歴史を一つ。内容は私のピンの師匠の話であくまで一つの説ととらえてください。

前回では、中国から東南アジアを縦断してたいまでやってきたピンの歴史をざっくり説明しました。

現在タイでポピュラーな民族楽器のひとつであるピンですが、1970年代まではバンコクなどイサーンを除く地域では全くといっていいほど無名な楽器でした。

しかし、ある一つのバンドによって大きく知名度を上げることとなりました。

www.youtube.com

ペッピントン氏率いるバンドとそのバンドのピン奏者トンサイ氏の登場です。

イサーンから発信されるペッピントン氏のバンドはタイで瞬く間に話題となりました。

同時期にタイではテレビが一般家庭に普及するようになり。タイのイサーンのごく一部でしか演奏されていなかったピンという楽器がお茶の間に放送され知名度を一気に上げることとなりました。

トンサイ氏はこのブログでも何回かとりあげているのですが、彼の演奏は当時非常に特徴的で、伝統的な楽曲を彼の手によって電気化されたピンにより大音量で激しく弾くというスタイルで多くの人に衝撃を与えました。

www.youtube.com

続インドな曲?

f:id:n-thai:20170301172650j:plain

 

 

 

www.youtube.com

18:30〜

次回もこの曲の続きになります。。

 最後に

 TRIP TO ISAN : 旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド』4/8発売決定!

私も大変お世話になっている、イサーン音楽を日本で爆音体感するならこの方々soi48さん!の本が発売になります。私も少し制作に協力させていただきました。どのくらい使われているかわかりませんが、とにかくマニアックな情報を提供させていただきました笑。

soi48.blogspot.jp

なぞ多きイサーン音楽のディスクガイド、是非お求めください!

発売日が待ち遠しいですね。

インドからの影響を受けたとされるピンの曲 その1

久々のタイ

この前短い間ですがまたまたタイに行ってきました。

師匠にも久しぶりにお会いして、ピンの曲、歴史について教わってきましたので忘れないように超ざっくりですが書こうと思います。

ピンの歴史

今回の内容は私のピンの師匠の話であくまで一つの説ととらえてください。

ピンという楽器は今でこそタイでは先人たちの努力によりそこそこメジャーな楽器となりますが、日本の雅楽のように書物に詳細が記されていないのではっきりとしたことはわからない以外と謎の多い楽器です。

見ての通り三弦の日本の三味線の遠い親戚ということがわかります。

 

f:id:n-thai:20160930150516p:plain

ピンの原型はその昔中国で生まれた弦楽器だそうです。なという楽器かは不明でした。

それがベトナムラオスをこえてイサーンにつたわったと言われています。

f:id:n-thai:20170220081432j:plain

その過程でアジアの音楽の要素をたくさん吸収してきました。

今回からはそのアジアの音楽特にインドの影響を受けた曲とされている曲を演奏します。

インドな曲?

f:id:n-thai:20170220081921j:plain

 

www.youtube.com

10:25〜

特にテクニック的なコメントはないですが、この曲のどのあたりがインド的、インド由来なのでしょうか不思議ですね。正直我々日本人には由来の違いはあまり感じられませんが、、、

なにかわかったら続報記します。

次回もこの曲の続きになります。。